外貨投資信託とは、外国の法律に基づく運用される海外国籍の投資信託のことです。 外貨投資信託(買い付け可能な期間によって、追加型と単位型に分けることができます)には、国内投資信託よりも自由度が高いという特徴があります。 投資対象は、国債や株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式、公社債など、様々です。 例えば、外貨投資信託の1つである「外貨建MMF」の場合、10ドルから購入可能となっているため、初めて投資をおこなう方でも不安がなく始められるでしょう。 日本では、ルクセンブルクやアイルランド、米国籍のファンド(詐欺まがい、詐欺そのものの悪徳業者に引っかからないよう、慎重に判断する必要があるでしょう)が多く、これらの国は投資をおこなう際の税金が低くになっています。 また、外貨投資信託(金利の低い銀行預金よりはリターンが大きく、他の投資方法よりはリスクが低いといわれています)は、大きく分けると次の3つに分類することが可能です。 ・株式型ファンド(ファンド形態の投資を募る際には、金融庁への登録が必要になっています) ・債券型ファンド(集団投資スキームや運用資金など、様々な意味で使われている単語です) ・その他 株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式型ファンドは、世界の株式が投資対象のグローバル型と特定の地域の株式が投資対象の地域別型に分けられるでしょう。 そして、債券型ファンド(集団投資スキームや運用資金など、様々な意味で使われている単語です)には、確定利付証券だけで運用する通常型と派生商品で運用する派生商品型、月末に再投資するMMF型があるのではないでしょうか。 その他とは、不動産で運用されるものなどです。 外貨投資信託を始める場合は、投資対象が何か、どういう損失が出る可能性があるのか、税金(きちんと納めずに脱税すると、バレた時にたいへんなことになってしまうでしょう)はいくらかかるのかなど、最低限のことを学んでから始めましょうー